【漫画・魔王学院の不適合者】あらすじ・ネタバレ・キャラクター紹介!アプリやサイトで読む方法も

漫画

筆者がおすすめする気になる漫画を紹介すします。

今回紹介するのは「魔王学院の不適合者」。
正式名称は「魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜」です。

いわゆる「なろう系」の作品となっています。

秋さんによる日本のライトノベルでイラストはしずまよしのりさんが担当しています。
略称は「魔王学院」

漫太郎
漫太郎

なろう系の漫画ってあんまり読んだことないけど、「魔王学院」ってアニメ化もされてるんで気になってるんだよね。

「魔王学院の不適合者」あらすじ紹介

舞台は二千年前の神話の時代。
魔王アノス・ヴォルディゴードは、永く続く人間と精霊、神の戦争を終結させるために、魔王城デルゾゲードに勇者カノン、大精霊レノ、創造神ミリティアを招きました。

そこで和睦を申し出ます。

「怨恨を消し去るため、魔王の命と引き換えに、人間界、魔界、精霊界、神界の四つの世界を千年は消えない壁で隔て、自らは二千年後に転生する」

それから二千年後、アノスは人間の夫婦の子供として前世の記憶を持ったまま転生します。

しかし、世界の魔法レベルが二千年前とは比較にならないほお低次元なものとなっていることを知ります。そんなアノスのもとに、かつての魔王城デルゾゲードである「魔王学院」から招待状が届きます。

「魔王学院」の入学試験でアノスは魔族の少女ミーシャ・ネクロンと出会い、合格を果たしますが、魔力量検査と適性検査の結果、アノスは学院で初めての「不適合者」の烙印を押されてしまいます。

転生した時代で「暴虐の魔王」として知られているのが自分ではなく、「アヴォス・ディルヘヴィア」という名前の人物だということを知ります。

平和が訪れたはずの二千年後に迫る理不尽を、魔王の理不尽が滅ぼし尽くしていきます。

漫太郎
漫太郎

魔王が転生して今の世界でチート級の強さをほこってるのかな。

なろう系はの醍醐味みたいだよね。

キャラクター・登場人物紹介

アノス・ヴォルディゴード

本作の主人公。二千年前に神話の時代の大戦において、人、精霊、神さえも滅ぼし暴虐の魔王 と恐れられた魔王の始祖。しかし、実際には魔族を守るために戦っていたのであり、彼自身は深く平和を望んでいた。

大戦を終結させるために勇者カノン、大精霊レノ、創造神ミリティアに対して和睦を提案するとともに、種族間の怨恨を消すために人間界、魔界、精霊界、神界の四つの世界を隔てた、千年は開かない扉となる大魔法〈四界牆壁(ベノ・イエヴン)〉を発動することを計画する。

和睦を受け入れた三人の魔力をデルゾゲードの立体魔方陣に注ぎ込み、自らの命を全て魔力に変えることで大魔法〈四界牆壁(ベノ・イエヴン)〉を発動した。最期に、勇者カノンと、転生後の世界で友人として再会する約束を交わし、〈転生(シリカ)〉の魔法によって二千年後へ転生していった。自身の転生先を残すために七魔皇老を産み出し子孫を作ることを指示したことから、魔族の始祖であるとして言い伝えられている。

二千年後の魔法の時代では人間のグスタとイザベラ夫婦の間に産まれる。産まれたときから言葉を話し、すぐに〈成長(クルスト)〉によって六歳相当まで成長する。転生後の体は、魔王の血を引いてはいるものの、人間のものである。

ただし、知能、魔力、魔法技術、身体能力などは転生前と同様である。転生から一ヶ月後、魔王学院デルゾゲードから招待を受け、入学するために再度〈成長〉を使い十六歳相当まで成長し、魔族の国ディルヘイドへ一家で移住する。魔王学院の制服は「混血」を示す白服。入学試験では、対戦相手を圧倒し実技試験を通過した。

しかし、魔力測定で魔力水晶が規格外の魔力に耐えきれず砕けて測定値が「0」になったことや、知識試験において二千年の間に誤って伝わってしまった始祖の名前や思想への解答が異なっているとして、魔王学院で初の「不適合者 」の烙印 を押されてしまう。また、世間に伝えられている始祖である「暴虐の魔王」の名前や人格が、転生前の自分と全く異なるものだと知る。また、神族からも摂理に従わない「不適合者」として目の敵にされており、度々対立している。

ウィキペディア

ミーシャ・ネクロン

本作のヒロイン。長く伸びた縦ロールのプラチナブロンドの髪に、蒼い瞳を持つ魔族の少女。アノスのクラスメイト。サーシャの双子の妹だが、皇族として扱われておらず、学院での制服は白服である。白のニーソックスを着用している。因みに、原作ではミーシャの方がサーシャより胸が大きい。アニメ版ではほぼ同じ大きさに変更されている。アノスが転生した後に初めてできた友人で、入学試験の時に出会った。魔力水晶による魔力量の検査では周りの多くは三桁ほどだったのに対して「100246」という数字を出しアノスを感心させた。魔法の中では創造魔法が得意であり、班別対抗試験では〈創造建築(アイリス)〉で三つの巨大な城を創造した。世間的にはサーシャの双子の妹とされているが、その正体はサーシャが生まれて間もない頃にアイヴィス・ネクロンが〈分離融合転生〉を施したことで産まれた本来なら存在しない魔族である。

15歳の誕生日の午前零時に(サーシャと一体化して)消滅するという宿命を背負わされており、自らの消滅を受け入れていた中でアノスと出会って友達になれたことを「奇跡」と称した。サーシャとは互いの思い違いにより疎遠になっていたが、アノスの計らいにより15歳の誕生日の直前で仲直りを果たした。

その後、アノスが〈魔王軍(ガイズ)〉と〈時間操作(レバイド)〉、〈過去改変(イングドゥ)〉によってミーシャとサーシャの過去を変えたことで消滅を回避する。

ウィキペディア

アイシャ

ミーシャとサーシャが〈分離融合転生〉によって融合・合体した姿。銀色の髪をしている。背理神ゲヌドゥヌブの〈背理の魔眼〉とよく似た〈創滅の魔眼〉を有する。

ウィキペディア

サーシャ・ネクロン

本作のもう一人のヒロイン。金髪碧眼の魔族の少女。髪型はツインテール。ミーシャの双子の姉であり、七魔皇老の一人であるアイヴィス・ネクロンの直系の皇族。アノスからの遺伝として視界に映るものの破滅因子を呼び起こし、自壊させる〈破滅の魔眼〉を持ち、魔眼の発動時は眼に魔方陣が浮かぶ。このことから「破滅の魔女 」と呼ばれており、混沌の世代の一人として名を知られている。

〈破滅の魔眼〉を完全には制御できておらず、感情が高ぶったときなどに無意識に発動してしまうことがある。アノスのクラスメイトであり、学院の制服はミーシャとは違い黒服である。ベルトの付いたサイハイブーツにガーターベルト、黒いラインの入った赤色のサイハイソックスを着用している。

ミーシャと仲良くしていたアノスに興味を持ち、自分の班に入らないかと提案したが断られてしまったため、班別対抗試験での敗者が勝者の班に入るという賭けをアノスと行った。班別対抗試験では高いカリスマ性により班リーダーとして短期間で班のメンバーを纏め上げたが、アノスの班と対戦するも、桁違いな力の前に敗北し、賭けに負けたことで、アノスの班に入ることとなった。

ウィキペディア

レイ・グランズドリィ

白髪に薄い青の瞳を持つ黒服の魔族。混沌の世代の一人であり、魔剣だけでなく霊剣や神剣まで扱えることから”’錬魔の剣聖”’ と呼ばれている。

誰かの下で戦うのが得意であると自称し、班リーダーの素質を表す<魔王軍(ガイズ)>を使えるにもかかわらずリーダーは柄ではないと担任のエミリア・ルードウェルに断りを入れ、アノス班に入ろうとする。配下に入れてもらおうとアノスの元に向かうが、アノスが班別対抗試験において力を示すことを条件としたために戦うことになる。純血の魔族である皇族だが、本人はそれを特に気にしていないため全員に平等に接する。

七魔皇老のイドルとの戦いでは魔剣の能力差があるにもかかわらず、複数の魔剣を投擲することで刃こぼれを起こさせ、刃こぼれさせた部分のみで剣を打ち合うという離れ業を見せた。最終的には正確な刃こぼれへの攻撃と剣圧によりイドルの剣を折り、周りを驚かせた。

ウィキペディア

ミサ・イリオローグ/ミサ・レグリア

アノスのクラスメイトで、学院の白服生徒の一人。魔族の父と精霊族の母を持つ半霊半魔で、魔族であっても始祖の血を完全に受け継ぐ皇族以外の存在を“混血”として社会的に低い地位に置くディルヘイドの現状を改革する、という主張を掲げて活動している「統一派」に属し、学院内でも、表向きはアノスのファンクラブという名目で「アノス・ファンユニオン」という組織を結成して活動している。

精霊と魔族の混血である半霊半魔であるため、自らを雨に変える精霊魔法<雨霊霧消(フスカ)>を使うことができる。この事からアノスは、ミサは<雨霊霧消(フスカ)>を得意とした水の大精霊リニヨンとの縁があるのではないかと推察した。レイとは魔剣大会の頃から惹かれあい、勇者学院との対抗戦前に一つ貝のアクセサリーを貰ったことにより恋人同士となる。

その正体は、魔王の右腕であるシン・レグリアと大精霊レノの間に生まれた娘であり、偽の暴虐の魔王アヴォス・ディルへヴィアの伝承を持つ半霊半魔である

ウィキペディア

エレオノール・ビアンカ

勇者学院の三回生。一人称が「ボク」で、語尾に「〜だぞ」を付ける話し方が特徴の豊満な胸を持つ黒髪の少女。魔族であるアノスたちにも友好的で、学院交流でアゼシオンを訪ねたアノスとサーシャを勇者学院に案内し、アゼシオンに伝えられている「二千年前の勇者と魔王」の歴史を教える。その正体は人型魔法というべき代物であり、根源を生み出す禁忌の魔法である<根源母胎(エレオノール)>そのものである。

ジェルガの根源から作られている為、勇者カノンが二千年前に人間に殺されたのを朧気ながら記憶しており、勇者学院が設立された理由も知っていた。戦うためだけに生み出されるゼシア達に心を痛めており、自身を破壊してくれる存在が現れることを待っていた。

ウィキペディア

その他キャラクター・登場人物

ゼシア・ビアンカエレオノールによって生み出された根源クローンであるゼシアの一人であり、
拙くも言葉を話せる特異な個体である。
エレオノールがアノスに自分の破壊を懇願した際にはアノスにエレオノールを
助けることを懇願した。
アルカナ二千年前におけるアノスの妹として登場した。
竜種に狙われる根源を持ち、竜種から逃れるためにアノスとともに
転々と住居を移す生活を行っていた夢をアノスが見たが、転生したアノスには
アルカナの記憶はなかった。
エミリア・ルードウェル魔王学院の教師である魔族の女性で、アノスたちが所属する1年2組の担任である。
皇族であることを誇りに思っていると同時に皇族至上主義者であり、
混血である学院の白服生徒には態度が冷たい。自身を始祖そのものであると称し、
皇族に対する敬意を表さないアノスに対しても刺々しい態度を取る。
メノウ・ヒーストリア魔王学院の教師で耳の長い女性。
三回生一組担任だがエミリアに代わってアノス達のクラスを臨時で受け持つ。
エミリアとは違い混血に対する差別意識を持っておらず、
不適合者であるアノスに対する態度も普通である。
エレン・ミハイス紫髪に長い揉み上げで頭に1本のアホ毛美少女。
白十字を勲章の様に襟元に飾っており、黒地のソックスにも白十字模様が入っている。
ジェシカ・アーネート長身でアノス・ファンユニオンで唯一眼鏡を掛ける美少女。
白十字のネクタイピンを使用している。
マイア・ゼムト黒髪の三編み美少女。前髪の中央に白十字の髪飾りを付ける。
ウィキペディア

いかがでしょうか?

いわゆる「なろう系」ですが、人気があるだけあって設定も世界観もとても引き込まれます。

一気読みしてしまうこと間違いなしです。

漫画を読む・購入するおすすめサイト・アプリ

気になった漫画は今やスマホで電子書籍をサクッとダウンロードして読む時代ですが、紙派のあなたにもおすすめの漫画ショップを紹介しています。

電子書籍は無料試し読みもあるので、一度試し読みをしてみてください。自身をもっておすすめできる漫画です。

タイトルとURLをコピーしました