【漫画・怪獣8号】怪獣バトルが熱いっ!ネタバレやあらすじ・キャラクターなど基本情報紹介

漫画

筆者がおすすめする気になる漫画「怪獣8号」。

漫画アプリで連載されるや一気に人気を獲得し、ランキングでも常に上位に入っています。
今回は「怪獣8号」について紹介します。

漫太郎
漫太郎

最近「怪獣8号」をおすすめされるけど、どんな漫画なの?面白いの?

「怪獣8号」あらすじ紹介

舞台は日常的に怪獣が容赦なく人々の生活を破壊する“怪獣大国日本”

主人公の日比野カフカと幼馴染の亜白ミナは幼い頃、住む町が怪獣に破壊されてしまいます。
二人は将来「怪獣を全滅させよう」と約束します。

お互い大人になり、ミナは日本防衛隊のエース隊員として活躍するようになっていました。しかし、32歳になったカフカは日本防衛隊の隊員になる夢が叶えられず、怪獣死体の清掃業社に就職し、鬱屈毎日を過ごしていました。

そんな時、死体清掃業社にアルバイトとしてきていた市川レノから防衛隊入隊の年齢制限が上げられた事を教えられ、再び入隊試験に挑戦します。

決意新たに挑戦を開始したカフカですが、謎の生物に浸食され身体が怪獣化され、「怪獣8号」と呼ばれるようになってしまいます。

自分が怪獣になっていることは隠しながらも、怪獣の力を使い怪獣と戦っていく・・そんな熱い怪獣バトル漫画です。

漫太郎
漫太郎

男子が好きそうなバトルもので怪獣も出てくるなら面白そうだね。

絵も大事だけど、登場人物などどんな感じなの?

キャラクター・登場人物紹介

日比野カフカ(怪獣8号)

本作の主人公。32歳の男性。幼い頃に住んでいた街が怪獣の被害に遭い、ミナと共に防衛隊員になる事を目指すも試験で不合格となり夢破れる。その後は怪獣の死体を清掃するモンスタースイーパー(株)に勤務。

やさぐれてはいるものの仕事に対しては真摯で上司からの信頼は厚い。レノとの出会いと入隊試験の年齢制限が引き上げられた事がきっかけで、再び防衛隊を目指す。しかし、その直後に小型の怪獣が口の中に侵入し、怪獣に変身する能力を持ってしまう。

怪獣の能力を封印して臨んだ入隊試験の成績は芳しくなく不合格となってしまったが、保科に監視目的で目をかけられ3ヶ月の試用期間を経て採用される。いかつい顔つきに反して根は人想いで優しい性格。レノを逃がすために1人で怪獣に立ち向かうなど勇敢な一面もあるが、おじさんと呼ばれて反発したり、なにかと大騒ぎしたり、落ち着きのない面もある。人間時も筋骨隆々な体格で身体能力も高いが、加齢と生活習慣の影響で衰えており、同期の隊員たちには遠く及ばない。怪獣の能力の影響なのか、防衛隊のスーツの解放戦力も0%(のちに1%)とほとんど引き出せない。

一方、怪獣清掃で得た怪獣に対する知識は豊富で、人間時は知識を活かしたサポートや情報提供で隊を支える。怪獣8号カフカが怪獣になった姿。人型の体格に2本の角が生えた骸骨のような顔に黒い筋肉で覆われている身体を持つ。

怪獣への変身はある程度自由に行えるが、少し力んだだけで部分的に変身してしまうなどコントロールは不安定な模様。フォルティチュードは9.8を記録し、パンチ一撃で怪獣を粉々にするなど保科いわく「歴史に残る大怪獣」と評されるほどの力を持つ。変身時もカフカの理性は保たれているが、本能的に鳥などの生物を捕食してしまったり排尿する事がある。防衛隊発足以来初の未討伐事件となり、「怪獣8号」のコードネームをつけられ日本中の防衛隊員から追われる身となってしまう。

ウィキペディア

市川 レノ(いちかわ レノ)

カフカの相棒。18歳の男性。防衛隊志望で、試験対策の一環としてモンスタースイーパーにアルバイトとして入社する。落ち着きのないカフカのツッコミ役で漫才のようなやりとりをする。夢を諦めたカフカを当初は冷たい目で見ていたが、仕事中のカフカからの気遣いや余獣から命を救われた事で敬意を持つようになり、カフカが怪獣になった後も彼を気にかけ付き添っている。カフカに負けず劣らずの勇敢な性格。入隊試験では解放戦力8%程度だったが、入隊後は急成長を遂げ20%を超える。保科からはその可能性を強く期待されている。

ウィキペディア

亜白 ミナ(あしろ ミナ)

カフカの幼馴染。27歳の女性。日本防衛隊第3部隊長。幼い頃に怪獣に街を襲われたのをきっかけにカフカと共に防衛隊を目指す。解放戦力96%を叩き出し、防衛隊でも最強クラスの実力を誇り、テレビで特集を組まれるなど国民からの人気が高い。入隊試験で再開したカフカに対しては上官としての態度を崩さずに接している。猫好き。

ウィキペディア

市川 レノ(いちかわ レノ)

カフカの相棒。18歳の男性。防衛隊志望で、試験対策の一環としてモンスタースイーパーにアルバイトとして入社する。落ち着きのないカフカのツッコミ役で漫才のようなやりとりをする。夢を諦めたカフカを当初は冷たい目で見ていたが、仕事中のカフカからの気遣いや余獣から命を救われた事で敬意を持つようになり、カフカが怪獣になった後も彼を気にかけ付き添っている。カフカに負けず劣らずの勇敢な性格。入隊試験では解放戦力8%程度だったが、入隊後は急成長を遂げ20%を超える。保科からはその可能性を強く期待されている。

ウィキペディア

亜白 ミナ(あしろ ミナ)

カフカの幼馴染。27歳の女性。日本防衛隊第3部隊長。幼い頃に怪獣に街を襲われたのをきっかけにカフカと共に防衛隊を目指す。解放戦力96%を叩き出し、防衛隊でも最強クラスの実力を誇り、テレビで特集を組まれるなど国民からの人気が高い。入隊試験で再開したカフカに対しては上官としての態度を崩さずに接している。猫好き。

ウィキペディア

四ノ宮 キコル(しのみや キコル)

カフカ、レノの同期。16歳でカリフォルニア討伐大学を飛び級で最年少主席卒業した防衛隊期待の新人。防衛隊長官・四ノ宮功の娘。入隊試験前に駐車を巡ってカフカと一悶着を起こし、生身で車を軽々と持ち上げたカフカに驚嘆し注目するようになる。何事も完璧である事に対して異常なこだわりを持つが、これは父の影響によるもの。入隊試験ではトップクラスの成績を挙げるものの、討伐試験で謎の人型怪獣が乱入し重傷を負ったところをカフカに救われ、彼の怪獣8号への変身を目撃する。その後、防衛隊に首席で入隊する。

ウィキペディア

古橋伊春(ふるはし いはる)

カフカ、レノの同期。八王子討伐高専首席卒業。リーゼント風の髪型が特徴。中学生時代にミナに命を救われた事がきっかけで防衛隊を目指す。入隊後は解放戦力が伸び悩み、急成長するレノに対し焦りを感じる。

ウィキペディア

その他キャラクター・登場人物

出雲ハルイチ(いずも ハルイチ)カフカ、レノの同期。東京討伐大学首席卒業の有望株。
防衛隊を志望したのはミナへの憧れと「家の事情」とのこと。
神楽木葵(かぐらぎ あおい)カフカ、レノの同期。
陸上自衛隊の若手ホープとして将来を約束されていたが、それを蹴って防衛隊への編入を志望する。
保科宗四郎(ほしな そうしろう)第3部隊副隊長。マッシュルームカットと糸目が特徴で関西弁で話す。
室町時代から続く怪獣討伐隊の家系の出身。刀の扱いに長けており、双刀を使用する。
本人曰く大型怪獣に対してはミナに劣るが、中型・小型に対しては自分の方が分があるとのこと。
入隊試験でカフカに面白半分で興味を持つ一方、人型怪獣の出現時に不自然にバイタルが消失した事に違和感を感じ、不合格になったカフカを監視するため候補生として採用する。
斑鳩(いかるが)第3部隊の男性隊員で小隊長。
中ノ島(なかのしま)第3部隊の女性隊員で小隊長。
イケメン好きで相模原討伐戦ではハルイチと葵を小隊に加え、彼らが言い争う姿に恍惚していた。
小此木(おこのぎ)第3部隊の女性隊員。メガネをかけている。
主に通信と戦況報告を担当している。
怪獣9号人型の怪獣。知性と人語を有し、体を変形させ人間の姿に化ける、指から光線を発射する、通信機器を遮断するフィールドを張るなど既存の怪獣とは異なる特性を有している。
シルクハット状の頭が特徴。入隊試験に乱入し、試験用の怪獣を蘇生させキコルを負傷させるなど混乱に陥れる。後にモンスタースイーパーの作業員に変装し、相模原討伐戦にも出現。
レノと伊春を重傷に追い込み、怪獣8号と交戦。後に8号に続く未討伐個体として「怪獣9号」の呼称が与えられる。
ウィキペディア

いかがでしょうか?

設定も投稿人物たちもとても面白そうじゃないですか?

筆者も1話読んだだけでどっぷりハマってしまい、一気読みしてしまいました。

漫画を読む・購入するおすすめサイト・アプリ

気になった漫画は今やスマホで電子書籍をサクッとダウンロードして読む時代ですが、紙派のあなたにもおすすめの漫画ショップを紹介しています。

電子書籍は無料試し読みもあるので、一度試し読みをしてみてください。自身をもっておすすめできる漫画です。

タイトルとURLをコピーしました