【iPhone】アップルが新製品「iPhone SE(第2世代)」を正式発表!気になる特徴やスペックは?

iPhone
新iPhone SEの特徴

アップルが日本時間2020年4月16日0時に、iPhoneの新製品「iPhone SE(第2世代)」を正式に発表しました。
発売開始が4月24日から、予約開始は4月17日午後9時からとなっています。

iPhoneSEは、今のiPhone11と比べるとコンパクトなので、旧型でもいまだに人気がありました。
私も、SEは正直でてら欲しいと思っていましたので、スペックなど詳細を紹介いたします。

新しいiPhone SE

手にしたくなるものを、
手にしやすく。
人気があるサイズに、最もパワフルなチップを入れて、最も手に入れやすくしたiPhone。あなたが待っていたものをお届けします。

 新しいiPhone SE
新しいiPhone SE

新iPhone SEの特徴

気になるチップは、iPhone11と同じチップであるA13 Bionicを搭載しています。
これはスマートフォンの中で催促のチップなので、最新のゲームやビジネスにも活用できます。

ポートレートモード

A13 Bionicチップ搭載の為、先進的なカメラシステムを実現しています。
ポートレートモードの仕様が可能で、人物撮影や自撮りでも震度コントロールを使用して、背景のぼかしの強弱の調整が可能です。
これは、撮影後でも調整可能です。

また、ポートレートライティングによってスタジオで撮影したかのようなエフェクトが6つ用意されています。

  • スタジオ照明
  • 自然光
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノクロ)
  • ハイキー照明(モノクロ)

超高解像度のビデオ

iPhone SEでは、4Kビデオの撮影が可能になりました。
これにより拡張ダイナミックレンジがハイライトシャドウにさらなる細部を加えています。

また、Quicd Takeと呼ばれる機能で、写真を撮ろうとカメラを向けたけど、ビデオに変えたくなった、という時でもボタンを長押しすることでビデオに切り替えが可能になります。

ホームボタン

ホームボタンが返ってきました。
もちろんTouch IDによる指紋認証が可能です。

ホームボタンの復活が嬉しい人が多いのではないでしょうか?
私もホームボタン推奨派ですので、この復活は大歓迎です!

防水防滴

最大水深1メートルで30分間の耐久性を持っています。

バッテリー駆動時間

1回の充電でビデオを最大13時間再生可能です。
充電もワイヤレス充電器に対応しています。、
また、充電速度も高速になり、アダプタ接続の場合、0%から50%の充電を30分で可能です。

カラーバリエーション



赤かわいいです。
でも白かな~。

その他の特徴

True Tone・・・環境に合わせてホワイトバランスの調整が可能。より自然で目に優しい画像を映し出します。

触覚タッチ・・・アイコン長押しでかすかに振動し実際にボタンを押しているような感覚が得られます。

拡張現実・・・ARアプリを使って現実のものを図ったり、夜空に星座を描いたりできます。

ステレオオーディオ録音・・・ステレオ音声でビデオ撮影が可能

より速いWi-Fiとモバイルデータ通信・・・Wi-Fi 6とギガビット級LTEがダウンロード速度を大幅にスピードアップ

オーディオの共有・・・2組のAirPodsまたは、Beatsヘッドフォンのペアリングが可能

デュアルSIMで2つの電話番号を・・・iPhone SE1台で2つの電話番号の使い分けが可能

仕様

仕様
カラー黒、白、赤
容量64GB、128GB、256GB
サイズ高さ:138.4mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3mm
重量148g
ディスプレイ4.7インチ

Retina HDディスプレイ
IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度625ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
拡大表示
簡易アクセス
チップA13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine
防沫性能
耐水性能
防塵性能
IEC規格60529にもとづくIP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
カメラ12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使える
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
LED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
次世代のスマートHDR(写真)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
最大3倍のデジタルズーム
LED True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
フロントカメラ7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使える
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
1080p HDビデオ撮影(30fps)
Retina Flash
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
Touch IDホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
Apple PayTouch IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
Mac上でのApple Payによる購入の完了
位置情報内蔵GPS/GNSS
デジタルコンパス
Wi-Fi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
ビデオ通話Wi‑Fiまたは携帯電話ネットワーク経由でのFaceTime
ビデオ通話
オーディオ通話FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)
Siriメッセージの送信やリマインダーの設定などを
あなたの声で実行
ロック画面上、メッセージ、メールなどでの
賢い提案
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけで
ハンズフリーで起動
よく使うアプリのショートカットをあなたの
声で実行
電源とバッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
高速充電に対応:30分で最大50%充電9(別売りの18W以上のアダプタを使用)
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応10)
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
センサーTouch ID指紋認証センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
OSiOS 13
ヘッドフォンEarPods with Lightning Connector
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
iPhone SEは既存のmicro-SIMカードには対応していません。
同梱物iOS 13を搭載したiPhone
EarPods with Lightning Connector
Lightning – USBケーブル
USB電源アダプタ
マニュアル

まとめ

iPhone SEはいまだに人気が高いですよね。
しかも今回は価格も安いです。

特に女性や子どもには、今のiPhoneのサイズは大きすぎて、手のひらに収まらなかったりして、落とす人も多いと思います。

だから、女性のiPhoneの画面は割れている人が多いのでしょうか。(←偏見

私もiPhone11を使用していますが、iPhone SEの実機を触ってみて購入するか検討したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました