【iPhone/iPad】見られたくない写真を隠す方法

iPad
見られたくない写真を隠す方法

iPhone/iPadで写真を当たり前に撮るようになりましたが、その分見られたくない写真もたくさんあると思います。
基本的にはスマートフォンはプライベートの固まりなので、人に見られることはあまりないと思いますが、結婚している人や彼氏・彼女にスマートフォンを見られることもあると思います。
iPhone/iPadを見せないのも逆に怪しい気がしますが写真を隠すことができれば、そんな時でも安心です。

今回は、iPhone/iPadで見られたくない写真を隠す方法をiosの基本設定で隠す方法と、専用アプリで隠す方法を紹介します。

誰しも他人に見られたくない写真がある

誰しも他人に見られたくない写真がある

気軽に写真撮影ができたり、スクリーンショットを保存できたりと、非常に便利なiPhone/iPadのカメラ機能ですが、誰しも他人に見られたくない写真があると思います。

決して怪しい写真ではないと思いますが、できれば見られたくないですよね。
中には怪しい、疑わしい、写真がある人もいるでしょう。
でもできれば写真に残したいものです。

そんな時、どうすればよいのか。写真が隠せて、自分だけが見れたらいいですよね。今回はそんな対策を紹介します。

iPhone/iPadの写真を隠す

iphone/ipadの写真を隠す

iPhone/iPadの写真を隠すとは、単純に削除するということではありません。写真を他の人に見られないように隠して、自分では再表示して確認することができる方法です。

隠し方その①:iPhone/iPadの標準機能で隠す

iPhone/iPadで見られたくない写真を隠すには、標準機能の「非表示」機能を使うことが可能です。

非表示昨日を使うことでモーメント(写真一覧)から特定の写真、動画、スクリーンショットを非表示にすることができます。

  1. 写真アプリを開く
  2. 画面右上「選択」をタップ
  3. 非表示にしたい写真、動画、スクリーンショットを選ぶ(複数選択可)
  4. 画面左下の共有アイコンをタップ
  5. 画面下のメニューから「非表示」をタップ
  6. 出てきた確認画面から「非表示にする」をタップして完了

この手順で非表示にした写真は、アルバムの中の「非表示」に移動しているだけですので、削除されたわけではありません。

再度表示する手順もとても簡単です。

  1. 写真アプリを開く
  2. 画面下のメニューから「アルバム」をタップ
  3. 画面を下にスクロールして「ほかのアルバム」内の「非表示」をタップ
  4. 画面右上「選択」をタップ
  5. 非表示にしたい写真、動画、スクリーンショットを選ぶ(複数選択可)
  6. 画面左下の共有アイコンをタップ
  7. 画面下のメニューから「再表示」をタップして完了

ここで注意してほしいのは、モーメントから非表示になっただけで、アルバムの「非表示」には入っています。しかし他のアルバムのように目立つ使用になっていないため、簡単には人目には着きづらいと思います。

アプリを入れたり面倒なことをしたくない人には、この方法でも十分見られたくない写真を見られる確率はぐんと下がると思います。


隠し方その②:iOSアプリで写真を隠す

次に紹介するのは、iOSアプリを使用して写真を隠す方法です。
写真や動画、スクショをアプリに移しておけば、モーメントから写真を削除することができます。

アプリはパスワードもかけれるので、本当に見られたくない写真がある人はこちらの方法がよいでしょう。

鍵付きアルバム – さくっとシークレット

鍵付きアルバム - さくっとシークレット

「鍵付きアルバム – さくっとシークレット」は顔認証機能に対応したアプリです。

いまや顔認証も100%安全とは言えないかもしれませんが、何もしないよりは格段に安全になります。

他の人には見せたくない写真や動画を、簡単な操作ですばやく隠して保存できるシークレットフォト&ムービー管理アプリです。大切な画像やプライベートなビデオをパスワードや顔/指紋認証で保護。あなたのプライバシーをしっかり守ります。インポート済みデータは自動でカメラロールから削除もできて超絶便利!

思い出をぜひアルバムにして楽しんでくださいね!すぐプレイできるスライドショー機能も、ぜひ使ってみてください(^o^)

鍵付きアルバム – さくっとシークレット

iSafePlay

iSafePlay

「iSafePlay」はダミーの写真フォルダが作れるアプリです。

使用例)
フォルダ1:パスワードでは「0000」で隠したい写真や動画が保存
フォルダ2:パスワードで「1111」でダミーの写真や動画を保存

写真やビデオにパスワードを設定したくないですか?
友達にiPhoneを貸すときプライベートなファイルを見られないか心配ですか?
彼女にiPhoneをロック解除させられ、秘密がバレちゃったことないですか?
そんなあなたにピッタリなアプリがここにあります。

特徴:
• パスワードとフェイクパス
このアプリはパスワードまたはフェイクパスで起動できます。
パスワード: ロックしていないアイテムとロックしたもの両方を閲覧できます。
フェイクパス: ロックしたアイテムは閲覧できません。
㊙: パスワードを入力して画面を引き上げて更新すると㊙フォルダが表示されます。
彼女にアプリの中身を見せるよう迫られたら、このフェイクパスで起動しましょう。
 
• ログイン形式
ロック解除の方法はさまざまな形式から選択できます。4桁の数字パスワード、9個のドット
 
• ベストなカテゴリ分け
ファイルはすべて3つのカテゴリ(写真、ビデオ、ファイル)に分けられます。
そのすべてのカテゴリにおいて、アルバムやフォルダをロックすることができます。 
 
• 高機能ビデオプレイヤー
iSafeはほとんどすべてのビデオフォーマットに対応しているので、変換は必要ありません。

• プライベートブラウザ
あなたの足跡を非表示にします。

• その他の機能
– サブフォルダ
– テキストエディター
– ファイルブラウザ
– URLスキームによるファイルダウンロード
– zip、rarファイルの解凍
– ファイルの圧縮
– 外部ディスプレイとの接続
– 曲、ビデオのバックグラウンド再生
– ロック画面で音楽をコントロール
– 画像を連絡先に割り当て
 

さまざまなファイルフォーマットに対応
– 画像: png, jpg, jpeg, bmp, tif, gif
– ビデオ: mp4, mov, m4v, 3gp, flv, f4v, mpg, mpeg, wmv, rmvb, mkv, asf, webm
– 音声: mp3, m4a, m4r, aac, caf, wma
– テキスト: txt, php, cgi, asp, h, m, c (編集可能)
– リッチテキスト: rtf, pdf
– iWorks: pages, numbers, key
– MS Office: doc, xls, ppt, docx, xlsx, pptx
– ウェブ: htm, html, webarchive
– アーカイブ: zip, rar
– その他: …… (読み込み不可、保存のみ)
 

ファイル転送
– WIFI経由によるFTP転送
– WIFI経由によるブラウザ転送
– USB経由によるiTunes転送
– Bluetooth経由によるiOSデバイス間転送
– メールまたは他アプリからの”別アプリで開く”による転送
– カメラロールから写真とビデオの転送


iSafePlay – Fanship

まとめ

いかがでしたか?
今回は、人に見られたくない写真を隠す方法を紹介しました。

誰もが人には見られたくない秘密はあるものです。
そんなときに今回の記事を参考にして、iPhone/iPadのプライバシー対策をしっかり行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました