【iPhone】AirDrop(エアドロップ)の設定方法・やり方

その他
【iPhone】AirDrop(エアドロップ)の設定方法・やり方

AirDrop(エアドロップ)はApple製品に搭載されている機能ですが、本投稿ではiPhoneでの設定方法ややり方を紹介します。

AirDrop(エアドロップ)とは?

簡単に言うと、Apple製品同士で超簡単に気軽にデータ共有をすることが出来る機能です。

これまでのデータ共有方法と言えば、メールに添付したり、USBメモリに保存したり、クラウドにアップして共有したり、チャットツールで送ったりと、どれも一手間必要でした。

しかしAirDrop(エアドロップ)では、相手の連絡先が分からない場合でも写真や動画、URL、位置情報などのやり取りが行うことが可能です。

AirDrop(エアドロップ)の仕組み

AirDrop(エアドロップ)の仕組み

データの共有は高速で通信が可能です。難しい話は省きますが、Wi-FiとBluetoothを適所で切り替えて使用し、端末同士を直接つなぐP2P方式となっています。

メールなどの通常のデータやり取りでは、サーバーを経由するので、利用する人が集中すると遅延しますが、P2Pは直接つなぐため、そのような事もありません。

AirDrop(エアドロップ)の使い方

①AirDrop(エアドロップ)を有効にする

  • ホーム画面から「設定画面」を開く
  • 「一般」をタップする
  • 「AirDrop」をタップする
  • 「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の中から受信する条件を選んでタップ    ※「連絡先のみ」にするのがおすすめです。(最近では変な画像を勝手に送ってくる、「エアドロップ痴漢」というのがあります。

上記が基本的な方法ですが、コントロールセンターからも素早く設定が可能です。

  • 画面右上の電池箇所を下にスライドして「コントロールセンター」を開く
  • ネットワークアイコン箇所を3Dタッチする
  • 開いた画面からAirDropのオンオフが可能です。

②データの送り方

それぞれのデータの送り方を解説します。

写真の送り方

  • 送りたい写真を開く
  • 画面左下の
    「タップしてAirDropで共有」欄から送る相手を選択
  • 「タップしてAirDropで共有」欄から送る相手を選択
  • (受信側)通知から「受け入れいる」をタップ

これでカメラロールに直接画像が保存されます。

連絡先

  • 送りたい連絡先画面を開きます
  • 画面下の「連絡先を送信」をタップ
  • 「タップしてAirDropで共有」欄から送る相手を選択
  • (受信側)通知から「受け入れいる」をタップ

URL

  • 送りたいwebページの画面下の「共有」アイコンをタップ
  • 「タップしてAirDropで共有」欄から送る相手を選択
  • (受信側)通知から「受け入れいる」をタップ

アプリ

アプリもAirDrop(エアドロップ)で送ることが可能です。

  • ホーム画面から共有したいアプリを3Dタッチ
  • 「(アプリ名)を共有」をタップ
  • 「タップしてAirDropで共有」欄から送る相手を選択
  • (受信側)通知から「受け入れいる」をタップ

AirDrop(エアドロップ)が送れない・受信できないときは

AirDrop(エアドロップ)が使えないときは下記項目をチェックして見てください。

  • Wi-Fi・BluetoothがONになっているか?
  • 受信側がAirDrop(エアドロップ)を有効にしているか?
  • 相手の設定が「連絡先のみ」で、自分が「連絡先」に入っていない
  • iCloudにサインインしているか?
  • 相手との距離は遠すぎないか?

まとめ

デバイスや通信の進化により、データのやり取りもここまで手軽になりました。

日本人はiPhoneユーザーが非常に多いかつ、Apple製品同士でも送れるため、とても使い買ってが良いです。

是非活用してください。

タイトルとURLをコピーしました